人気ブログランキング |

休暇

今週初めに数日間休暇をいただきました。毎年日本の梅雨時をねらって、
梅雨とは無縁の場所へ行っています。まあ気分転換と言うんでしょうか!?

読みたかった建築の本を3冊抱えて行きました。一冊はつい最近出た、
友人でもあり先輩でもある 笠原顕司 氏の「住みかのヒント」。
もう一冊はご存知 安藤忠雄 の「建築手法」。最後に 磯崎新の
「建築における日本的なもの」です。最後の本は一度読んでいますが
再度読みたくなって持って行きました。

笠原さんの本は仲間内では初めてのハードカバーの本で、みんなの注目の
一冊です。仮想の設計者とフィクションを組み合わせた、面白いアイデアの
家づくりの物語で、風土色も多彩な読みやすい一冊でした。
これから家づくりを考えている方にはお勧めの本です!
後の2冊はどちらかと言うと、専門家向けかもしれませんが、本屋さんで
見かけたら手にとってご覧下さい。

さて田代は「人が働いているときによく休むなあ」と思った方もいると思いますが・・。
確かに日本を離れて、ユックリとした時間の中で過す、
暫しの時は他には変えがたいものです。しかし今回も仕事を持っていきました。
まあ私の仕事は監理以外はどこでも出来るわけで、たいてい持っていきます。

リゾートと言われる場所へ行って、のんびりしているようでも、実は神経は結構
休んでいないものです。夜しょっちゅう仕事のことで目が覚めますし、昼間でも
結局気がつくと仕事のことを考えていることが実に多いです。
じゃあ何で行くのかと言われると困るのですが・・・体は確かに楽になります。
一日ほとんど動かないでいられますからね。

神経(心)が仕事から本当に開放されるのは、リタイアするまで無理のようです。

by atsuhisa-tashiro | 2005-06-18 12:14 | 旅行 | Comments(0)  

<< 小さな喜び! 梅雨入りしました >>