人気ブログランキング |

軽井沢千住博美術館Ⅰ

b0154466_10221683.jpg


軽井沢千住博美術館Ⅰ

この写真はアプローチを入ったほぼ真正面の様子です。
この美術館の特徴は床がうねっている事です!
床が「たいら」ではないんです!
床が平でない美術館は、例えばフランク・ロイド・ライト設計の
ニューヨークのグッゲンハイムや。ウイーンの
フンデルト・バッサーの美術館が有名ですが、非常に珍しいです。

敷地の元々のコンターに沿って床を作ったそうです。
またその床の仕上げはこの設計者(言わずと知れた西沢立衛氏)
好みのコンクリート直押さえで、質素ですが味のあるものでした。
写真で分かるように一般的な概念の美術館とは
大きく離れたコンセプトで作られています。
構造壁を利用して作品が飾られていますがその構造壁が少ない!
どうやって支えているんだろうと言う印象でした。


iPhoneから送信

by atsuhisa-tashiro | 2013-08-28 10:22 | 旅行 | Comments(0)  

<< 軽井沢千住博美術館Ⅱ 恩師別荘Ⅱ >>