S造って??

b0154466_1820229.jpg

             鉄骨の骨組み

建築の構造は大きく分けて3つあります。
ひとつがおなじみ木造。2つ目がコンクリート造(RC造とも言います)
そして3つ目が鉄骨造で、スチールの頭文字を取ってS造とも言います。
さらにそれらを組み合わせた構造もありますが、今はS造のお話を。

私の事務所では今までに160軒位の住宅を設計して来ましたが
実はS造はあまりありません。まあほとんど(65%位?)が木造なのは
何となくお分かりかと・・・。
で次はコンクリート造です。これが30%位でしょうか。
残りの5%位がS造ということになります。
私の好みもありますが木造が難しいケース、例えば防火地域で
は100M2までしか木造で出来ませんし、四階以上の階数の建物も
木造で作るのはとても面倒です。幹線道路沿いで音を防ぎたい場合
なども木造は不向きでしょう。

それらの時私はほとんどコンクリートで作ってきましたが、
今回久しぶりにコンクリートでなくS造に挑戦しています。
写真は上棟を終えたばかりの様子を写したものです。
S造の長所はコンクリートに比べ軽いので基礎や
杭に対する負担が少ないことがあります。
また方持ちで大きく持ち出したりするのも得意です。

今回の家は上記した、まさに防火地域に敷地があり、
建て主の希望であった木造で作る事は出来ませんでした。
木造により近い感覚はコンクリートよりS造なので
杭の事等総合的に考えS造を選択した訳です。

この家がどう変わっていくか、また時々報告しますのでご覧下さい。
[PR]

by atsuhisa-tashiro | 2010-04-08 18:20 | 仕事 | Comments(0)  

<< 絵を買いました お散歩にて >>